スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さむ・・・

20060330153806.jpg


寒いのである。なので今日のような仕事は暖かくてよろしい。またまた瓶燗。今日は本醸造の瓶燗である。少し暖かくなったが、これから税務署へ税金払いに行かねばあかんので、また寒くなるのである。酒税はガソリン税などと同様、酒税部分にも消費税がかかるのである。Tax on Taxであるが、ゼイムショの方がそれでよいというので、それでよいのである。合掌。
スポンサーサイト

名残雪

SANY1552-1.jpg

であります。地元の風景ですが、夕方には手前の山も白くなっていました。今日は下呂温泉で宴会があったのですが、帰ってきたら気温マイナス4度~。どおなっておるのだ。でも今日が最後の雪でしょうね~。冬が終わるのは少し寂しい。

DS

DS-1.jpg

である。9倍の抽選に当たったのである。当たってもお金払わないとカエナイノデアル。で、さっそく大人のDSセット。これが、なかなか難しい。英語など書く文字をなかなか認識してくれずに時間が過ぎるのである。一昨日の晩御飯どころか、さっきのことも忘れている脳がどこまでよみがえるのか?しかし、肩が凝るぞ。

経年変化

SANY1535-1.jpg

であります。なかなかよいほうには変化しないのはなぜだ?
SANY1535-1.jpg

しょうがないので、応急処置。これで効くのか?サロンXス貼るようなものですが、しないよりはましかな?徐々に歳をとっていくので、よいほうに変化したいのだが。。

さて




タンクに吊った袋からお酒が落ちる音です。寒い蔵でこの音を聞いておると、じんわりうれしくなります。絵はええので、音を聞いてください。ボリューム小さいので、大きくしてくださいね。デジカメ動画なので、なんか動作音が入ってますが、ごめんください。

少し

感動。天井に蝙蝠さんがおる!
SANY1511-1.jpg

蝙蝠さんはよくいるのですが、動かない。寝ているのかと思ったら、ぶら下がったままお亡くなりになっておりました。なんか、断食修行僧みたいで、少し感動。蝙蝠さんと言えど、命は貴重や。謹んで水葬にいたしました。合掌。
SANY1511-1.jpg

で、記事は蝙蝠さんでなく、今日の仕事。今日は純米酒の瓶詰めをしました。うちでは本醸造以上は瓶燗するので、たいへん時間がかかりますが、瓶燗のほうがお酒の肌荒れが少ないのでこうしております。なんでもありの業界なんで、そんなんしても変わらんよという方もおられるのですが、いいじゃん。キミにやりなさいとは言ってないもん。好きでやっておる。キミはキミの好きにしなさい。わはは、こういうこと言うから嫌われるんだよな~。
SANY1511-1.jpg

生活を

変えませう。SANY1507-1.jpg

今日は久しぶりに休み。考えてみると仕込が始まってから、後顧の憂いのない休みと言うものは初めてかも?天気も良く、うちの犬は穏やかに日にあたっております。

SANY1507-1.jpg

で、ポケットの中には小銭が山盛り。小銭入れというものを持てないので、たまにこうなってしまう。スーパーとかでちまちま使っているのだが、なぜだ?生活を変えませう。正しい生活をしませう。

身の程知らず

001-1J.jpg


にもブログなど始めてみました。さて、続くのか?まあ造りも終わったので、ちょっとやってみようかな、なんて。こういうのを「小人閑居して不善をなす」というのでしょおか?今の私は写真と同じ、ブログに関しては赤ん坊同然ですが、皆様よろしくご指導のほどを。あ、写真はうちの娘の小さいとき。なかなか面白い。

先日ですが

none

お手伝いに行ってきました。県の新酒鑑評会(でええのかな?)です。不熱心な蔵元なので、うちは出してないのですが、わおわお、たくさんのお酒が出品されていました。吟醸、純米、本醸造とカテゴリ分けされていますが、わぉわぉ、どのお酒も、「アルミはいてるぜ、エアロも、マフラーもばっちりだぜ~」みたいな、フル・チューンドでした~。感想・・・普通のお酒が飲みたいぞ・・・。
SANY1492-1.jpg

ただいま

rabel2_3J.jpg

開店準備ちうです。今しばらく研究させてください~。
プロフィール

Michizakura

Author:Michizakura
蔵の紹介
三千櫻は、岐阜県中津川市(旧福岡町)にあります。町のほぼ中央を流れる付知川は、上流には付知峡という渓谷がある美しい川です。

 地元の米と山の水、そしてこの地の風土に合い、地元の人が誇りを持って土産に持っていけるような、そんな酒を造りたいと努力しています。
 
 酒造業も基本的には農業者であるという考えに立ち、米も極力農薬をつかわず育てた自家栽培のものと地元の米を使い、仕込水も自社の山から湧き出る清水を使用しています。水を守るため、木を切らず、植林をせず、総天然林として水源の山を維持しています。酒を造る米、水を自前でまかなう蔵でありたいし、あるべきですね。

 昔なら当たり前のようなことでも今ではなかなかできなくなりましたが、自分の納得のゆく酒造りのためにできることはやっていこうと考えています。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。