スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の翼

20060831083609


日本の翼

ではなく、中華の翼で出発です。イベントイベントと。

スポンサーサイト

重量

超過概ね決定ですかな・・・。
SANY1806-1.jpg

明日から三泊で台湾へ行きます。珍しく大勢で行くので、頭割りすれば少なくなるからと思い、いろいろ業務用のものを詰めていたらこの始末・・・・。これでもう100KG近くあるので、あと個人用の荷物6人で30Kしか使えません・・・。無理や・・・。空港カウンターで、ひたすらお願いですな。

今年も

SANY1800-1.jpg


怪しさ満点(;¬_¬)
八月の中頃にやろうやろうと思いつつ、今日やっとしました。
ホルマリンの燻蒸なので、一ヶ月以上前にやらないととてもはいれません。麹室などは、密閉性が高いので、初めてもしばらくは目がいてえです。いわゆるシックハウスと言うやつですな。でも今年はマスクの吸着缶をホルマリン専用にしましたので、低濃度だと少し楽。部屋に入れば高濃度なので同じですが。
SANY1802-1.jpg

これで、蔵の拭き掃除やら消毒やらが終わるまで、封印されます。もう少しで造りだ・・・・。

ご協力

ありがとうございましたm(_ _)m
SANY1791-1.jpg

向かって左から、大垣市の渡邊酒造醸さんの山廃純米 
真ん中、古酒の世界では知らない人はいねえぐらい有名な岐阜市の達磨正宗さん 
そして右端、静岡県は藤枝市、杉錦の杉井酒造さん!
ご協力いただきましてありがとうございました。ぢつは9月の2日に、台湾台北にて、50人ほど集めたお酒セミナーがあるのです。当日の講師は松崎晴雄さんと藤田千恵子さん。台湾の方々に、日本酒とは、その魅力とは、を熱く語って頂く予定なのであります。で、当日並べて皆さんにきいていただくお酒を協力していただいたのでした。ほかには岡山県の丸本酒造さんの竹林、ついでに、恥ずかしながらうちのお酒、などが並ぶ予定です。定員はすでにいっぱいだそうですので、ご両所には日本酒を深く語って頂きましょう!
SANY1792-1.jpg

で、これは達磨正宗さんの箱とラベルに書いてある言葉。「壁に向かって9年、蔵の中で10年」・・・・古酒を造っておられるお蔵らしい言葉ですが、今は日本酒業界全体が我慢の時期だと思います。さあて、うちは我慢がきくかな??

今は

もう秋。夜はすっかり涼しくなり、栗も実をつけています。
SANY1789-1.jpg

そして田んぼはすでにこうなっています。
SANY1787-1.jpg

だんだん黄金色になってきました。ドキドキワクワクです。

愛用の

フィン。年寄りには最適です。
SANY1785-1.jpg

体力が衰えているので、道具は欠かせません(笑)
というわけで、子供の群れを連れて川へ行きました。潜ってみて思ったのですが、たくさんいたアジメドジョウ、今年はほとんど見ませんでした。魚も少ない。おとり鮎の死んだのはたんとおった。鮎の状況は今年はどおだかわかりませんが、とにかく石にすごいコケがついている。コケと言うより水垢みたい。楽しい川遊びですが、潜ってみてこれはどおなんだろうとおもってしまいました。。。
SANY1782-1.jpg

なんか泡も浮いておったし、きれいな風景も水が汚れると魅力が半減です。ジョイ君、いっぱい宣伝してるけど、どおよ?

再び

サッカー。一週間ぶりの更新でまたまたサッカー。いやあ、ストレスのたまる試合でしたねぇ。オシム監督もご苦労なことです。今日は坪井君もなんとか終わりまでいけましたね。郷土の英雄なので頑張っていただきたいですが・・・。
20060816(001).jpg

こういう写真載せると著作権とか問題になるのかな??

よおっし

20060809.jpg

オシム監督になって一戦目、まずは勝利しましたね~。よかったよかった。途中少しだれましたが、ジーコジャパンと違うなぁ~。何もしなかったジーコさんですが、オシムはやはりプロの監督ですなぁ。私は娘に「その格好してると猫ひろしみたい」と言われました。ぴちぴち短パンがあかんかったかな?

夏の

日差しを浴びて、稲がすくすくと育っています。
SANY1711-1.jpg

今は花が満開~

SANY1712-1.jpg

このまま早くお米になって欲しいというのと、ううむ、もうすぐ収穫して造りだなというのが半々で複雑ではあります。

SANY1713-1.jpg

特別な

酒粕。P1000630-1.jpg

出荷を待つ大吟醸酒粕たち。これは半端でなくうまい!ですが、この瓶入りは注文品なので、市販はしない、まあ残念~、だったのですが、お友達のお店でだけ数量限定で売っていただきます。
連絡先は↓

ほっとはーとやまだ
電話 0573-82-2327 FAX 0573-82-4421
HP http://www.hot-heart-yamada.com/

売値はやまださんに聞いてください(笑)御料理に使っても良し、そのまま頂いてもよし、酒粕のイメージが変わると思います。漬物にするだけが酒粕ではない、と。白身の魚に塗って、紙に包んで一晩置いて次の日に焼いてみましたが、うめえです。御味噌汁にひとさじ入れてもうめえです。自分で言うのもなんですが、口福です。浜松のKさん、すまん。今回はやまだで頼みます!
プロフィール

Michizakura

Author:Michizakura
蔵の紹介
三千櫻は、岐阜県中津川市(旧福岡町)にあります。町のほぼ中央を流れる付知川は、上流には付知峡という渓谷がある美しい川です。

 地元の米と山の水、そしてこの地の風土に合い、地元の人が誇りを持って土産に持っていけるような、そんな酒を造りたいと努力しています。
 
 酒造業も基本的には農業者であるという考えに立ち、米も極力農薬をつかわず育てた自家栽培のものと地元の米を使い、仕込水も自社の山から湧き出る清水を使用しています。水を守るため、木を切らず、植林をせず、総天然林として水源の山を維持しています。酒を造る米、水を自前でまかなう蔵でありたいし、あるべきですね。

 昔なら当たり前のようなことでも今ではなかなかできなくなりましたが、自分の納得のゆく酒造りのためにできることはやっていこうと考えています。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。