スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしつまりました

が、今日は事務所など大掃除~。あ、私は配達やラベル貼りだったので、下請けに出しました(笑)

P1010612-1.jpg


いやあ、一年に一回壁を拭くのですが、キタナイですなぁ・・。ヤニがいっぱいどす・・。この間も会合で「あれ?まだタバコ吸うの?」と言われてしまった・・。
スポンサーサイト

松飾り

を設置。いろいろ準備してます。
P1010609-1.jpg

毎年のことですが、一年は早いなぁ・・・。年が明けたらまた仕込みです。年をとるごとに確実に作業がつらくなっていきますが、まだまだ修行中なのでがんばらないとあかんです。
P1010611-1.jpg

田中のおじさんに指導を受けている佐藤君。結び方ってなかなか覚えられませんよね~。一年に一回ですからね~。佐藤君も今日で終わり。兵庫の実家へ帰りました。あと数日で新年です。

蔡瀾さんが

旅行会社を作ったのですね~。あ、蔡瀾さんは香港の実業家、日本では美食家としてのほうが有名でしょうか。
20061226162116.jpg

蔡瀾さんのレストランで扱って頂いているので、お年賀を頂きました。世界美食ツアーなんて、行ってみてえですが、余裕がまったくありません・・。でもおいしいもの食べるのもお勉強なんで必要なんですけどね・・。

万吉

です。
P1010591-1.jpg

今日はお客さんのかたわら、万吉君を貼っておりました。もうすぐ発売のようです。高いのは緑とか黒瓶が多いのですが、この茶瓶はかっこよく見えますな~。高そうな紙だ。このお酒は中津川「中山道大鋸」さんのショップブランドです。お問い合わせは大鋸さんまでお願いします~。

中山道大鋸 0573-65-2625

板東英二

恐るべし・・。だてに売れっ子ではねえのですね。TV見たよという人から電話がたくさん。「漬け物、買えるんかえ?」というのが多くて困りましたが・・。お酒本体より酒粕のほうが問い合わせが多いとはこれいかに・・。
P1010590-1.jpg

ということで、急遽作った酒粕たち。お酒もおいしいので買ってくらさい・・。

雪だるまカール

が入っているかも?」という宣伝文字に乗せられました。やっと見つけた雪ダルマカール・・。見つけたからといってもう一袋ではありません。
P1010587-1.jpg

四袋めでやっとでました。結構入ってるみたいなんで、入ってない私は人間として欠陥があるのか?などと自問自答しながらカールを食していました。
P1010588-2.jpg

横から見ると結構不細工です。袋一気食いはできないので、まだ食ってません。素直に販促に乗ってる消費者です。いやいや、雪ダルマおったので一安心。これでしばらくカールはええわ・・。

あ、話は違いますが、「そこ知り!特捜板東リサーチ!」今日放送ですよ~。

板東英二さんの

そこ知り!特捜板東リサーチ」が先日来たのです。ちょうど純米の袋吊りなどしてまして、局の人は運がよかったなぁ~。出ても3,4分だとは思いますが、お時間のある方はご覧ください~。袋吊りの光景など出るはずです~。

P1010546-1.jpg

せっかくなのでみんなで記念撮影。板東さんには酒粕もお買い上げいただいてありがとうございました~。あ、放送は今週の木曜日、夕方6時55分からCBCです。中部ローカルです~。

特別純米

「万吉」というお酒、詰めました。これは中津川のお酒屋さん中山道大鋸さんのショップブランドとして販売されます。そこで、大鋸さん自ら瓶詰めに。
P1010582-1.jpg

最初は緊張気味でしたが、すぐに慣れるところはお酒を扱いなれているというか。瓶燗の温度を見る大鋸さん。
P1010585-1.jpg

味にはうるさい大鋸さんですが、出来上がったお酒には大満足の様子でした。ラベルが出来上がったら出荷になります。

P1010586-1.jpg


あ、「万吉」というのは、お米を作った苗木の小幡万吉さんの名前。最近では珍しい専業農家の方です。万吉さん、ええのできましたよ~!

クリスマス

には早いですが、愛犬に寝床をプレゼント~。
P1010578-1.jpg

さっそく入って爆睡中・・・。いやあ気に入ってくれてうれしいなあ。今も丸まって寝ております・・。

忘年会

P1010576-1.jpg

一宮市で先日あった忘年会。お酒好きグループの忘年会にしゃしゃり出てきました。いやあ、皆さんよく飲まれること。十四代、諏訪泉をはじめとして、有名銘柄の中に無名の三千櫻でしたが、無事終了しました。やはりよいお酒を造れば飲んでいただけるのですね~。問題は日本酒は銘柄が山ほどあるので、選択が難しいことですね。値段どおりの味と言うわけにもいかんし、よき先達がいるといいのですが、そおでないと無縁のまま終わってしまう・・。蔵元も考えないとあかんです。ハイ。

神前に

ご報告です。
P1010563-1.jpg

付知のお米で醸造した護山神社の御神酒ができあがり、今日は関係者の方々とともに神前にご報告でした。護山神社は木曾全山鎮護のたいへん重要な神社であります。大山祇神を祭神とし、伊勢神宮の式年遷宮のおりの木材を生産する裏木曾の山を護っておられます。大山祇神はまたお酒の神様でもあり、京都の梅宮大社では、酒解神として祭られています。もちろんうちの蔵にも松尾大社の大山咋神、天照大神とともに神棚におられます。そんなことで、この御神酒を醸造するのには神経を使いました。
P1010567-1.jpg

ご報告の神事のあとには、剣舞の奉納。かっこええなぁ・・。「凛」とするというのはああいうのを言うのでしょうね。
P1010572-1.jpg

そして皆さんに飲んでもらいます。おかげさまで好評でした。来年からもずっと続けて行きたいものです。

たらこ

ではなく、切子というのである。知らなかったが。
P1010557-1.jpg

私は実は焼きタラコが大好きなのです。で、先日娘と行ったスーパーで小さいけど四つ入ってて380円、おまけに夜なので二割引だったのである。しかし・・・。パックを開けてみると縦に半分にして四つになってるんですね。よくよく見れば表面に「切子入り」の小さな文字が・・。切子なんて知らん!タラコは丸ごとが食いたい。半分に割ってあるなら半割とか半切りとかでかい字で書け!だまされたような気分です。誠実さが足りん。スーパーの注意リストにまた入りました。

槽(フネ)

に掛けた酒袋は、適当に出して積み替えをします。上下をひっくり返したりするのです。
P1010553-1.jpg

これはフネからだした酒袋。だいぶ搾れてきました。うちはありもん使いますので、色も形も様々・・。それを出した順とは反対にフネに並べていきます。
P1010552-1.jpg

吊ったあとにかけるので、内容量に差が出ます。袋の大きさにも差があります。きれいに均等に並べるのがなかなか悩ましいのです。

朝の

星空。
P1010548-1.jpg

先日香港から来たお客さんが、「星がきれいだ」と何回も言っていたので、思いついて写真を撮ってみました。ふむ。目で見るほうがきれいですが、機材がねえのでこんなんです。田舎で生活しているとこれが当たり前なので、改めて見ることもねえのですが、香港では相当条件のよいときに二つ三つ見えればすごいらしいです。田舎に行けば違うのでしょうけど、都市で生活するとそうなのでしょうねぇ。なんにでも言える事ですが、うちで流しっぱなしにしている水でも、都会の人は困るのだろうなぁ・・。
プロフィール

Michizakura

Author:Michizakura
蔵の紹介
三千櫻は、岐阜県中津川市(旧福岡町)にあります。町のほぼ中央を流れる付知川は、上流には付知峡という渓谷がある美しい川です。

 地元の米と山の水、そしてこの地の風土に合い、地元の人が誇りを持って土産に持っていけるような、そんな酒を造りたいと努力しています。
 
 酒造業も基本的には農業者であるという考えに立ち、米も極力農薬をつかわず育てた自家栽培のものと地元の米を使い、仕込水も自社の山から湧き出る清水を使用しています。水を守るため、木を切らず、植林をせず、総天然林として水源の山を維持しています。酒を造る米、水を自前でまかなう蔵でありたいし、あるべきですね。

 昔なら当たり前のようなことでも今ではなかなかできなくなりましたが、自分の納得のゆく酒造りのためにできることはやっていこうと考えています。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。