スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留め

仕込みをしました。昨日ですが・・。ちゃんと毎日書けよってことですが、今後も毎日はなかなか書きません(爆)
P1010698-1.jpg

今回の添、仲、留の仕込には、中津川の中山道大鋸さんの皆様が交代で参加していただきました。人手が多くてたいへん助かりました。来年は泊り込みで一週間ぐらいお願いしたいです(^.^;)

写真は仕込が終わってくつろぐ皆さん。
スポンサーサイト

眠い

どす・・。昨日純米と純米大吟醸の添え仕込みをしました。今日は一日休みで踊りの日です。添え仕込でいきなり大きい桶に入れると冷え込んだりして怖いので、うちでは小さい枝桶に添え仕込みをするのです。
P1010696-1.jpg

これは今朝の踊りの様子。ふむ。祈っております。

またまた

Mottoxさん主催のワイン展示会に出かけてきました。といって、ワインをきくわけでもなく、小売屋さんと約束をしていたので行ったのですが、いやあ、ワインっておしゃれだ・・・。で、久しぶりに名古屋でご飯をということで、名駅のそばのやきとり吉兆さんへ。
P1010692-1.jpg

久しぶりにおいしい焼き鳥をいただきました。おひげの親方は怖そうですが優しくてお酒のこともたいへんよくご存知です。いやあ、うまかった~。

久しぶりの

麹です。今日から添え、仲、留と三種類の麹が入ってきます。純米大吟醸と純米、純米大吟は試験なので量が少なくて、全部一緒に蒸しとなりますので、二品づつ入ってくることになります。
P1010687-1.jpg

山田錦と五百万石ですが、いやいや、精白も違うのですが、それにしてもずいぶん手触りが違うもんです。

酒母五日目

P1010685-1.jpg

今朝はまだ泡がほんの少しだったのに、夜になったらこのとおり~。ええですなぁ。順調に生育してます。今は部屋を暖房してるので、明後日ぐらいから暖房をゆるめにして徐々に温度を下げていきます。味はだいぶ酸味が出てきました。好調です。

酒母仕込み

をしました。写真は仕込み後六時間、二度目の手入れの後。
P1010683-1.jpg

まだまだ米米していますが、三度目の手入れぐらいになると水が上がってきます。明日の朝にはもう櫂玉で櫂が入れられるぐらい溶けるのです。
P1010684-1.jpg

酒母室があまりに寒いのでヒーター代わりの熱源。あるもので間に合わせてます・・・。

左儀長です

P1010673-1.jpg

子ども会と親の皆様、ご苦労様でございます。昔は夜に焼いていたのですが、諸般の事情で今は昼に点火です。瓶詰めの合間に田んぼに下りていきました。
P1010677-1.jpg

この火にあたると一年健康で過ごせるそうなので、欠かせない行事です。
P1010678-1.jpg

火にあたりながら村人同士の交流です。ええ風景や。
P1010679-1.jpg

父ちゃんが呑めば母ちゃんも呑むと。この後皆様蔵へご訪問されました。もちろんテイスティングに(^_^ゞ地元の皆様有ってこその地酒です。ええ酒造りますからね!

山田錦は

えらいなぁ~。昨日のブログでもったいないとか言ってましたので山田君が発奮したようで。ぢつによい蒸しがとれますな。
P1010665-1.jpg

弾力感といいさばけのよさといい、やはり五百万石君とはまったく違いますなぁ。値段どおりの実力を出してくれます。
P1010666-1.jpg

酒母麹なので、種もたっぷりふって、明日の朝まで布団で寝ます。

山田錦どす

高えです。おまけに40%精白・・。60%も捨ててしまうのです・・。
P1010663-1.jpg

これで純米大吟醸を仕込むのですが、酒母は二個一なので純米60%と共通です。60%の純米の酒母も山田錦40%・・。もったいないことです。これでお酒にすると半分以上粕になってしまうので、実にもったいない使い方です。品質のためとはいえ、農業者である私とすれば実は内心忸怩たるものがあったりするのです。
P1010664-1.jpg

サイズがわかりやすいように定規置いてみました。もったいないなぁ・・。明日の蒸しです。いよいよ開始です。

今年

最初の瓶詰めは本醸造でした。今日瓶燗して詰めました。明日は純米の瓶燗です。年末に在庫がなくなったものが何種類かあるので、それを詰めなければ。造りが始まる前には詰めておきたいのです。
P1010661-1.jpg

そして外は雪です。暖冬だったのでタイヤも換えてなくてあせりました。雨じゃないですが「降ればどしゃぶり」みたいな天気です。
P1010629-1.jpg

池の鯉はたいしたもんですね。私はちょっと洗い物するだけで冷たいのに往生してますが・・。

仕事始め

のはずですが、正月休んだら筋肉が緩んだのか気が緩んだのか、風邪気味で持病の腰が悪化しています・・。働けということでしょうね・・。
で、今年は多いオリジナルラベルです。
P1010628-1.jpg

これは中村孝明さん(ぐるなびに飛びます)のお店三店舗で提供されるそうです。有明、横浜、高松ですので、ぜひご贔屓にしてください~。造りが終わったらわしも行こっと。

あけまして

おめでとうございます。今年もよい一年になりますように、ということで、曙が見事に負けるのを見てから蔵の松尾様にお参りし、田瀬の南宮神社にお参りし、裏の観音様にお参りし、今年お神酒を造らせていただいた護山神社にお参りしてきました。
P1010617-1.jpg

参道にはろうそくが置かれており、キレイであります。
P1010618-1.jpg

護山神社は尾張徳川家と関係が深いので、幔幕の紋も徳川様の葵の御紋です。

P1010623-1.jpg

境内では火が焚かれて、参拝に来た人々や帰省で帰ってきた若者たちが集っておりました。今年一年、よい年になるとええですね。


プロフィール

Michizakura

Author:Michizakura
蔵の紹介
三千櫻は、岐阜県中津川市(旧福岡町)にあります。町のほぼ中央を流れる付知川は、上流には付知峡という渓谷がある美しい川です。

 地元の米と山の水、そしてこの地の風土に合い、地元の人が誇りを持って土産に持っていけるような、そんな酒を造りたいと努力しています。
 
 酒造業も基本的には農業者であるという考えに立ち、米も極力農薬をつかわず育てた自家栽培のものと地元の米を使い、仕込水も自社の山から湧き出る清水を使用しています。水を守るため、木を切らず、植林をせず、総天然林として水源の山を維持しています。酒を造る米、水を自前でまかなう蔵でありたいし、あるべきですね。

 昔なら当たり前のようなことでも今ではなかなかできなくなりましたが、自分の納得のゆく酒造りのためにできることはやっていこうと考えています。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。