スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓶燗二題

20070329.jpg

20070330.jpg


純米の瓶燗と純米大吟醸の瓶燗。純米大吟醸は貯蔵用に瓶燗をします。あとは冷蔵庫で眠ることになります。で、純米ですが・・・、なんとこれで今年最後の瓶詰めなのですね・・。
ええと、ご迷惑をお掛けして申し訳ないですが、事情としては、製造計画の誤算です。製造計画というのは造りの半年以上前に作成するのですが、そのときに在庫が多いと当然仕込みを調整することとなります。で、造りにはいってから予想以上に出てしまった、ということで本年は欠品が多くなり、たいへん申し訳ないことになってしまうということです。ううう。ほんとにすみません。純米は終了、本醸も終了間近、普通酒も終了間近です・・。まことにご迷惑をかけてしまうことになります。申し訳ないことです・・・。
スポンサーサイト

名古屋で

20070327184349


密談です。密談の相手は日本酒輸出協会会長様。面白いことになりそうてすが、さてどうなることやら。

常滑

昨日は海外部長と娘が台湾から帰ってくるので、迎えに行きました。娘は15時半の飛行機、海外部長は夜8時の飛行機ということで、空いた時間は常滑の「焼き物散歩道」というところを散策しました。空港からすぐだし、時間を使うにはちょうどよいところです。
SANY2055-1.jpg

まあいたるところに焼酎甕と土管。これは「つぶつぶ」が苦手な人にはつらいですな・・。それに、夜ここを通過して穴から手が出たら怖いななどと思ったりして。
SANY2058-1.jpg

平日の夕方とあって、ギャラリーなどもほとんど閉まっていました。気になったのはギャラリーの窓などに「写真を撮るときは一声かけてからお願いします」という札が貼ってあったこと。これはまあそうだなとおもえるのでまだ可愛くて、「許可なくして撮るのは盗撮と同じ」などというのもあり、ううむ、世俗だなと思ったことでした。せっかくの作品の前にそんな札置かなくてもと思うことでした。写真撮ってそれをまねて作る人もおるのかな?うちもレシピは公開ですし、京都の津乃吉さんなんかもそう。どおぞまねしてくださいという無粋な私には今ひとつ理解できないことでありました。

お酒

20070322125249




とは関係ねぇのですが、苦労したので。私は車中飲食派なのですが、今日のメニューは失敗‥。いつもだいたいおにぎりですが、ソースたっぷりのホットドックは大失敗‥。食べにくいうえにソースが垂れる。反省です。さ、空港行こ。

中山道大鋸

中津川市の中山道大鋸さん主催の日本酒と焼酎の会が中津川市で行われましたので出かけてきました。
20070318.jpg

うちはいつもシンプルなのですが、最近は液晶まで登場しています。福井県の一本義さん。
20070318(001).jpg

お酒好きの方々で賑わってええ会でした。ご来場の皆様、ありがとうございました。

本醸造

の瓶燗しました。やはり割れる率はグリーン瓶より少ないです。なんだろう?グリーンの瓶は薄いのかな?
SANY2036-1.jpg

澱引き

SANY2032-1.jpg

袋で搾ると悩ましいのがこの澱引き。「澱」という名称でええのかは疑問ですが、まあ濁ってる部分を沈殿させてそれで澄んでいる部分を引くということです。上から静かに吸っていきますが、残った白い部分は斗瓶にいれてまた沈むのを待ちます。

割れます

SANY2013-1.jpg

瓶燗につきものの割れる瓶たち・・。瓶はリユースで何度も使うので、古い瓶はどうしても割れやすくなります。だいたい急冷で水をかける時に割れるのですなぁ・・。水は山の水をそのまま使っているので、冬季はどうしても割れやすくなります。何か考えないと「ロスが多い」って税務署に言われそうだ。。。勘考しよう。

おやおや

SANY2011-1.jpg

なんか冬ですね。今日は寒くなると天気予報で言っておりましたが、雪でしたか。
SANY2001-1.jpg

こういう日は瓶燗は暖かくてええですな。純米吟醸瓶燗中。
SANY2004-1.jpg

小瓶も瓶燗。今日は他に大吟醸と大吟醸袋吊りも瓶燗。明日は純米の瓶燗です。

富士山

20070305153614.jpg

はっきりしないですねぇ。肉眼だとはっきり見えてたんですが・・。運転しながらだし\(◎o◎)/!
先日一晩だけ東京へ行きました。車で行くと楽ですね。この間大阪へ行ったときは新幹線で行きましたが、大阪は近いから電車でもいいですが、東京はなんとなく車で行く癖がついているので、車です。高速で富士山が見えるとなんとなくうれしくなります。やはり「富士は日本一の山」なんですねぇ。日本人DNAを刺激します。

新酒

20070302145111




新酒研究会に来ています。全体にばらつきも少なく、よいお酒です。なるほど。うちもよりいっそうの研鑽が必要ですな。

D君来訪

SANY1989-1.jpg

お酒マスターD君です。純米大吟醸のきき酒にご来訪。もうすぐ飛騨に帰ってしまうので寂しくなるなぁ。ほんとに日本酒のことを考えていてくれる貴重な人材です。後ろで佐藤君がこんなことをしています。
SANY1988-1.jpg

袋の積み替え作業。じぇんじぇん搾れませんでした~。
プロフィール

Michizakura

Author:Michizakura
蔵の紹介
三千櫻は、岐阜県中津川市(旧福岡町)にあります。町のほぼ中央を流れる付知川は、上流には付知峡という渓谷がある美しい川です。

 地元の米と山の水、そしてこの地の風土に合い、地元の人が誇りを持って土産に持っていけるような、そんな酒を造りたいと努力しています。
 
 酒造業も基本的には農業者であるという考えに立ち、米も極力農薬をつかわず育てた自家栽培のものと地元の米を使い、仕込水も自社の山から湧き出る清水を使用しています。水を守るため、木を切らず、植林をせず、総天然林として水源の山を維持しています。酒を造る米、水を自前でまかなう蔵でありたいし、あるべきですね。

 昔なら当たり前のようなことでも今ではなかなかできなくなりましたが、自分の納得のゆく酒造りのためにできることはやっていこうと考えています。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。