スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真を

撮らねばと思いつつ、睡眠不足に負けていました。うちの田んぼの五百万石60%精白後。
P1020060-1.jpg

北陸から先日戻ってきていました。そして今はお酒になりつつあります。
P5131589-1.jpg

佐藤君が心配げに眺めていたのが5月。ううむ。やっと本領を発揮する時期が来ました。
スポンサーサイト

いぱ~いの

麹君。
P1020058-1.jpg


酒母も一本空きました。室には麹君が続々と入ってきます。私の睡眠時間はどんどん減っていきます・・。しかし、今朝の純米の添え仕込みはなかなか順調に行きました。がんばれがんばれ。

放冷機

の補修をしました。網の部分が破れているところが多々。網の上と下で針を渡しながら縫っていきます。
P1020033-1.jpg

こちらの恵那農高生は仕事の基本洗い物。まだ暖かい時期でよかったですね。
P1020046-1.jpg

短い研修も今日で終わりなので、みんなで撮影。微妙に疲れている佐藤君です。
P1020049-1.jpg

酒母二本目

本日二本目の酒母を立てました。人が多いのは楽ですなぁ。今日の酒母は本醸になります。
P1020025-1.jpg

午前中、一回目の手入れでは堅くて歯が立たなかった農高生たちも、夕方の手入れでは楽にでき、麹のお米を溶解する力には驚いたようでした。一本目の酒母は急いでいるので、ともに冷やしにかかっております。

純米大吟醸

の瓶詰めをしました。
P1020023-1.jpg


いつの間にか従業員が増えた?というわけでなく、恵那農業高校の食品科学科の子供たち。インターンシップで三日間の研修です。いやぁ、がんばりますねぇ。なんか男子生徒よりしっかりしておる感じがしますな。明日は酒母仕込みにあわせて、六時出勤です( ̄□ ̄;)!!

酒母

P1020009-1.jpg

というわけで、冷蔵庫の中の酒母です。今朝の仕込みで、写真は仕込んですぐなので、こういう状態。これからお米が水を吸ってふくれて、それからまた溶けていって下がるということになります。酒母は緊張しますねぇ。ムロにも米が入っていますが、夕方の切り返しは佐藤君に任せて、私は学校行事の見学。
P1020012-1.jpg

高校の文化系のクラブの合同発表会だそうです。今はいろいろやかましい時代なので、写真はぼかしています。

出麹

P1020006-1.jpg

というわけで、真っ白い麹が出来ました。明日の酒母仕込みに使います。酒母麹なので在室時間が若干ながめの48時間でした。酒母タンクがぎりぎりサイズなので、早く溶かしてもらわないとあかんです。
P1020008-1.jpg

で、佐藤君の寝る部屋がシロアリに襲われていました・・。昔の作りなので、真ん中一本しか根太がなくびっくり~!今回は山ほど入れて、白蟻用の薬を散布したら蓋をします。しかし、古い家の守にはなかなか手がかかることです・・・。造り倉でなくてまだよかった。。

早っ!

P1020003-1.jpg

早くも今年最初の蒸しです。純米の酒母麹です。まあ早いこと。
P1020005-1.jpg

まだ暖かいので、米の放冷も冷蔵庫でやってます。酒母も冷蔵庫でやります。冷蔵庫だと冷えるのも早いこと。一瞬焦りました・・(^.^;)

玄米です

P1010998-1.jpg

本日精米工場へ旅立ちました。うちは精米設備がないので、外注しています。専門の所なのでキレイに仕上げてくれます。里帰りはいつになるでしょうか。

実るほど

頭を垂れる稲穂かな・・読み人知らず、ということです。
P1010990-1.jpg

本当はもう少し早く刈るわけでしたが、天候不順のため今日まで延期しておりました。
P1010989-1.jpg

出来はいいような悪いような。平均のような気もするし、少し悪いような気もするし。
P1010987-1.jpg

考えても仕方ないので、お茶を飲んで作業再開。台風で風がえらいこと吹きましたが、倒れもせず、よろしいことでした。

絶対おかしい

実は二、三日東京へ行ってきましたが、非常に腹が立つことです。私は愛煙家なのですが、携帯灰皿は持ってるし、投げ捨てはしないし、要するに吸える所でしか吸わないのですが・・、
20070905(001).jpg

新宿駅前などはどこもかしこもこのポスター。長距離バスを降りてきて、一服しているとこういう人が寄ってきます。
20070905.jpg

人件費かかってるよなぁ・・・。文句言われると怖いので二人一組らしい。

20070905(002).jpg

私はタバコの煙は好きだが、排気ガスは嫌いなんだが・・・。では吸えるところはどこかというと、喫茶店かパチンコ?よくアジアへ行くのですが、シンガポール、台湾、香港などは、ビルの中は日本と同じようにほとんど駄目、でもオープンエアのところは、各所に灰皿が設置してあり、灰皿があるところはどこでも喫煙可能です。私はそのほうが合理的であると思います。東京は新宿区はじめいろんなところでこういう規制。名古屋市もそうですし、でもちょっと違ってません?繁華街の車の多いところなど禁煙にするより、禁車にしたほうがよほど空気がきれいになると思うのですが、逆差別ですな。税金をたくさん払う愛国者なんですが・・ (○`ε´○)

大阪

先日大阪へ行ったおりに、小売屋さんを訪問させていただきました。西宮の「ぷちショップ フレンズ」の川越さん。
30082007(004).jpg

いつも思うのですが、ハンサムは得や。うちの瓶の上に呉春の瓶がありますが、このお蔵は配達しないのだそうです( ̄□ ̄;)!!
それで、一升瓶しか作ってなくて、お酒を売ってもらうためには蔵で瓶詰めなど手伝わないといけないのだとか( ̄□ ̄;)!!
うううむ。いろんなお蔵さんがあるのですねぇ・・・。
で、こちらは平野区瓜破(ウリワリだそうです。読めんかった・・)の「磯田屋」の磯田さんと奥様。
30082007(003).jpg

店の中にはでかい冷蔵庫。
30082007(002).jpg

奥様はブログもまめに書いておられるのです。えらいなぁ。訪問したのは二店だけでしたが、いやいや、ほんとにありがたい出会いでありました。M社のE部長に感謝です。うちのお酒も、こういうところで売っていただいていると思うと、ほんとにありがたいことです。酒は人なりとも言いますが、商売も人との出会いが大切であります。
プロフィール

Michizakura

Author:Michizakura
蔵の紹介
三千櫻は、岐阜県中津川市(旧福岡町)にあります。町のほぼ中央を流れる付知川は、上流には付知峡という渓谷がある美しい川です。

 地元の米と山の水、そしてこの地の風土に合い、地元の人が誇りを持って土産に持っていけるような、そんな酒を造りたいと努力しています。
 
 酒造業も基本的には農業者であるという考えに立ち、米も極力農薬をつかわず育てた自家栽培のものと地元の米を使い、仕込水も自社の山から湧き出る清水を使用しています。水を守るため、木を切らず、植林をせず、総天然林として水源の山を維持しています。酒を造る米、水を自前でまかなう蔵でありたいし、あるべきですね。

 昔なら当たり前のようなことでも今ではなかなかできなくなりましたが、自分の納得のゆく酒造りのためにできることはやっていこうと考えています。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。