スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジイチ

商品撮影などのために、一眼デジカメを購入したんですが、その性能に感動・・・・。
haku01.jpg
りりしい顔つきのハクちゃんですが、首周りにんこをつけてきたのでとりあえず洗浄。で写真を撮ってみましたが、
haku02.jpg
おわかりでしょうか?ハクちゃんの目の中に写真を撮っているワタシが!今までコンデジしか使ってなかったので、この解像度にびっくり。。パナソニックのG1という入門機なんですが、すごいなぁ。
haku04.jpg
というわけで、夜はお風呂に入ってコタツで伸びていました。
haku03.jpg
一歳になったばかりで、まだまだ子供でつ。
スポンサーサイト

犬対策・・・

犬がいるところが土なので(昔は芝生でしたが・・)、瓦張りのところが汚れてしょうがないので何とか対策をと思い
niwa01.jpg
昨日はお天気もよかったので小細工開始。
niwa02.jpg
とりあえず買ってみた「草無くん」という固まる土でやってみる、と。
niwa03.jpg
表面の土をとって、砂利を敷いて、とけっこう面倒。バイト頼んで午後三時ぐらいまでかかりましたね。
一人ではできんww

岐阜FM

Evening Tripperの久世さんが再び中津川に。
kuze01.jpg
楽しくお話して、お酒も少し飲んで、と。
kuze02.jpg
情報提供にいらした中津川の市川製茶の市川さん。早速女性スタッフとツーショットでつ。エエ男はうらやましいのぉ。今回分の放送は五月になるようです~。市川さん、放送日教えてね。

お勉強

choumen.jpg
仕込やらなんやらが続いているとなかなか帳面ができません。今日はサトウクンのお勉強の日になりました。私もお勉強があるのですが、まだかかっていません・・・・・。

アイコクシャ

であるワタシは、たまに国庫金の増収に貢献しています。
kokko.jpg
これから出かける機会が多くなるので、気をつけやう・・・。2.5Kは痛い・・・・。イタイイタイ・・・。

お客さん

「A あなたの M 満足の T ために」の大阪の酒販店AMT(アムト)さんが遊びにいらっしゃいました。
が、主役はこちら。
amt01.jpg
カメラ目線も可愛いご子息のユキくん。まるで女の子のやうな・・・。
amt02.jpg
ぼけててすんません。カメラを向けると満面の笑み。ジャニーズに入るのか?
amt03.jpg
オムツを替えられるのがいやなユキくん。でもカメラに気づくと笑顔です。笑顔の写真をお見せしたいところですが、オケツがババイので出せません~。

カイゾウ

今期の造りは全て終了。昨日は皆造(カイゾウ)で、ご苦労さん会をしました。
20090321(001).jpg
携帯写真ですんません。サトウクンとアンドウクン、ご苦労様でした。
20090321(002).jpg
中津川駅前、三喜屋の大将ミキチャンも時々参加。相変わらず強ぇなぁ。。
20090321(004).jpg
イナッチも特別参加。後ろ頭はコバチです。いぱ~い飲みましたねぇ。明日から火入れなどいろいろ仕事があります。がんばりましょう!

アリガタイ

kawachiya1.jpg
中津川市下野(とてもご近所)にあります酒舗かわちやさんのお店でございます。地元のお酒を中心とした品揃え。
kawachiya2.jpg
地元メジャーの女城主、恵那山などとならんで地元マイナーの鯨波、小野桜、三千櫻もございます。地元のお酒にチカラを入れておられる希少なお酒屋さん。ありがたいことです。

きゃあっ

写真削除してしもた・・・。
で、何の写真かというと、昨日お邪魔した二軒の小売店さんの写真・・・・。
ええと、静岡市の丸河屋さんと浜松市細江町の大村屋さん・・・・。せっかくよい写真であったのに・・。ご両所、どうもすみません・・・・。

コレに懲りず・・・・相変わらずのお付き合いをお願いいたします。。。m(_ _)m
ということで、静岡市と浜松市細江町にお住まいの皆様、明日三千櫻特別純米、入荷ですよん。この商品は一応通年販売なので、ご愛顧お願いいたします。あ、これ以外の三千櫻もよろしくです。m(_ _)m

ナビ

20090316101553
以前は地図を見ながら運転でしたが、老眼が進行した為、ナビを導入しました。地図が見えないのにいらつくことなく、ラジオで「デテコイノオジサン」の「裸の王様」を聞きながら運転中~。

中山道大鋸さん

主催のお酒の会。
ooga01.jpg
中津川駅前のふれあいプラザにて。
ooga02.jpg
アンドウくんのお友達の酒好きドジャーズさん。お酒好きの方々ががたくさん参集されました。
ooga03.jpg
飲む人、食う人、いろいろですが、なかなか賑わいました。ありがとうございました~。

無口2

↑ 「無口に」と読んで下さい。
ということで、無口になるあまり、ブログまでサボりました。これではいかんので、
まえかけ
前掛けでも締めて気合をいれやう、と。前掛けは Anything というおされな前掛け屋さんで制作。
かっこええでしょ?ご希望があれば実費でお分けします m(_ _)m

無口

みんなだんだん無口になってきました ヽ(´ー`)ノ
瓶詰めはあるし、お酒はあがってくるし、ということで特別純米 愛山60%の瓶燗。
binkan.jpg

明日は純米大吟醸山田君の瓶燗と上槽・・・・。アンドウさんは休みやし、ますます無口になります。

円形脱毛

娘に「パパ 禿げとるよ」と言われて初めて気づいた円形脱毛。写真を見て「あ。ほんとや」と確認。
10円禿げがふたつ。写真では一個しか見えません(笑)
ま、一厘かスキンなのでいつも禿げてるようなもんですが。
datumou.jpg
これはお酒造りの苦労なのか金策の苦労なのか・・?ワシは後者だと思う・・・・。
しかしなぜ丸く禿げるのでしょうね?禿げる場所の選定とかはどうなっておるのだとしつこく問い詰めてみたい。

ジョイセブン

昨日はジョイセブンの中津川酒蔵めぐりツアーの日でした。一日で酒蔵六軒と地ビール一軒をまわるという過激な企画です。滞在時間も非常に少ないので、来る、飲む、来る、飲むという具合で、お客さんもたいへんだ。
joy1.jpg
こんな具合で三回に分けて訪問。
joy2.jpg
狭い蔵に人がいぱ~い。

三千櫻 特別純米 愛山60%

瓶詰め中です。まずは袋で吊ったものから瓶詰め。ワタシはいろいろ利き酒するのですが、今年は飲んでしまうことが多いです。下戸なのですが、吐くのがもったいない。神頼みのかいがあったのでしょうか?
aiyamabin1.jpg
さて、同じ特別純米で色違いの瓶。黒瓶は通常版の袋吊り、透明瓶は薄にごりバージョン。透明瓶は、県内では柳津の「酒のひろせ」さんだけに納品します。
aiyamabin2.jpg
写真がヘタですんません。かすかな濁り方ですね。というわけで、んまいなぁ。ありがたいなぁ。感謝感謝の出来上がりです。

純米大吟醸

というわけで、二晩の深夜徘徊もおわり、フネから出して粕はがしです。
kasu1.jpg
袋もすっかり平たくなりました。
kasu2.jpg
で、中身はこれ。さすがに手回しだと厚さが尋常ではありません。
kasu3.jpg
この純米大吟醸の粕はしばらく保管してタンクに踏み込んでしまいます。ご希望があればお分けしますので、お早めにどうぞ~。

徘徊の人

昨晩は深夜に徘徊していました。何をしていたかというと↓
chikara1.jpg
手回し式吟醸搾り機。吊りタンクから下ろした山田くんをコレで搾ります。
chikara2.jpg
非常にパワーがいるので、これは麹のときよりも疲労が・・・・。朝の積み替えの時までにある程度搾っておきたいのでがんばりました。
chikara3.jpg
ということで、芳醇な山田くんが垂れてきています。

せ・・狭い・・

yamadafune.jpg
山田錦大吟醸のフネが来たおかげで、蔵の中がとてもセマイ・・・・。
yamadafune1.jpg
中はこんな感じ。明日一日で終わるかなぁ・・・微妙・・・。

純米大吟醸 山田錦 吊り

をしました~。
yamadaturi1.jpg
作業風景。
yamadaturi2.jpg
一本終わり。あと二本。
yamadaturi3.jpg
ということで、さっそく味見。よいお酒になりました。この山田錦君は秋まで寝ます。晩秋のころに出荷できるようになるかな?コバチさんも来ていただいて、スイッチ係で協力していただきました。ありがとうございました!

袋を洗う毎日

吊りが続いているので、袋洗いが忙しい・・・。
araimono.jpg
明日はこの袋たちで山田錦純米大吟醸の吊りです。

吊り再び

ということで、今朝の純米の吊りに備えて、一宮からサトミサンとシミズサンが蔵入り(?)
satomi1.jpg
まずはいろいろ味見をしつつ
satomi2.jpg
お願いしておいた静岡の「國香」も頂きつつ、深夜までああでもないこおでもないと言いながら就寝。
satomi3.jpg
朝から吊り始めて、サトミサンはスイッチ係。
satomi4.jpg
シミズサンには櫂入れをしてもらい、楽させていただきました。ありがとうございました。コレに懲りずまたお願いします。クロチャン来られなくて残念!
プロフィール

Michizakura

Author:Michizakura
蔵の紹介
三千櫻は、岐阜県中津川市(旧福岡町)にあります。町のほぼ中央を流れる付知川は、上流には付知峡という渓谷がある美しい川です。

 地元の米と山の水、そしてこの地の風土に合い、地元の人が誇りを持って土産に持っていけるような、そんな酒を造りたいと努力しています。
 
 酒造業も基本的には農業者であるという考えに立ち、米も極力農薬をつかわず育てた自家栽培のものと地元の米を使い、仕込水も自社の山から湧き出る清水を使用しています。水を守るため、木を切らず、植林をせず、総天然林として水源の山を維持しています。酒を造る米、水を自前でまかなう蔵でありたいし、あるべきですね。

 昔なら当たり前のようなことでも今ではなかなかできなくなりましたが、自分の納得のゆく酒造りのためにできることはやっていこうと考えています。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。