スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会合


です。玉宮のざっぶんさんにて。瓶を持っていただいてる御代櫻の社長様。天領の社長様、花美蔵の社長様たち。岐阜の酒、頑張ります。

スポンサーサイト

トーナメント

wc01.jpg

進出!3-1ですか~。イナモト、チョコとしかでてないけど、目立つなぁ~。好きだからええけど。
wc02.jpg
イナモトが喜んでます。もう少し長く出てほしいけどw
wc03.jpg
ハセベがんばるなぁ。チームのために働いてえらいです。
wc04.jpg
イナモト、ハセベ、マツイはボクの好きな選手です。活躍がうれしい。今回は期待せずに見てるので、勝ってくれると
非常にお得な気分になれます。シアワセだ(^0^)/:*:・'゚☆。.:*:・'゚★。.:*:・'゚☆。.:*:・'★。.:*:・'

梅のへたとり

へたをとるのはエライ・・。K1さんも加わって延々と作業。バアサンもムスメも動員です。
u03.jpg
洗いながらへたとって、ザルにあげて拭いてという作業をエンエンエンエン。ぢつはまだ終わっていません・・・。
u04.jpg
今年も黒糖+氷砂糖+和三盆。
u05.jpg
↑これが高価なんでつ。費用対効果はありますが。おいしい梅酒になってください。ペコリ。

テンコウフジュン

昨年は梅のなりが悪く、予定数量の梅酒を仕込めませんでした。
今年も四月の寒波で梅はほぼ平年の三分の一。。。。
u01.jpg
困ったもんです・・・・・。ということで、付知の護山神社の梅。今日もいできました。
ありがたい梅でカバーできるか?できると思います。ハイ。

四谷荒木町

和膳くつきさん主催のくつき会に呼んでいただきました。
ku01.jpg
旧知のT-Riceさんもご参加。お久しぶりでありました。
ku02.jpg
いろいろな方々と交流ができました。ありがたいことです。くつきさんに感謝です!
ku03.jpg

和膳くつき 
新宿区荒木町8-1 TEL03-3351-1233 
←ご予約されたほうがよろしいです。

勝ってしまった

TVを見ながら「エンドーは髪を切れ!」とか文句言ってたら
endo01.jpg
なんと勝ってしまった!
endo02.jpg
ホンダビッグマウスが入れましたね~。あと二つ勝てるとは思いませんが、運を生かしていただきたい。

静岡市 鷹匠 あつみさんへ

ということで、静岡市は鷹匠にある「あつみ」さんへ出かけてきました。
atumi01.jpg
丸河屋さんといわとのおかあさんに連れて行ってもらってます。このお二人がいなければあつみさんとのご縁も
なかったわけで、じつに感謝で有ります。一番右の白い割烹着の方があつみさんの美人女将さん。
atumi02.jpg
お酒は札付けて提供していただいてます。何気ない心遣いが嬉しい。
atumi03.jpg
お料理も丁寧で美味であります。
atumi04.jpg
女将さんもイワトカアサンもお酒強!丸河屋さんも強いし、私は下戸で申し訳ない・・・。


旬菜遊膳 あつみ
静岡県静岡市葵区鷹匠1丁目2-8
054-272-5100

   ↑
たいへん予約がとりづらいので、お早目の予約がおすすめです。

いわとさんのお店はコチラ

荒木町


和膳くつきさん。本日はくつき会に参加です。

チカクデ


ミルト トテモオオキイ。

静岡なう


詳細はまた。

体調不良

久しぶりに風邪を引きました。だいたい年に一回は引くのですが、アバラも骨折していたりして
咳をすると響くし、たいへんつらい一週間でありました。
まあそんなことも言っておられないので、昨日は岐阜市へおでかけ。
kai01.jpg
岐阜県関係の団体、オリベデザインセンターの方々から「岐阜のお酒をなんとかしようよプロジェクト」のお話が出て、
第一回目の会合。松崎晴雄先生や萩原修先生をアドバイザーに迎えて始動しました。
kai02.jpg
とりあえず参加表明した県内9蔵でのスタートとなりました。
禮泉の山田社長、花美蔵の加藤社長、天領の上野田社長など、お歴々ご出席。えらいとこに来てしまった
感が有りますが、鯨波の長瀬君がおるのが救いでつ。どういう形になるのかはまだこれからですが、
ボクにできることはよいお酒ができるやうに努力をすること、です。
プロフィール

Michizakura

Author:Michizakura
蔵の紹介
三千櫻は、岐阜県中津川市(旧福岡町)にあります。町のほぼ中央を流れる付知川は、上流には付知峡という渓谷がある美しい川です。

 地元の米と山の水、そしてこの地の風土に合い、地元の人が誇りを持って土産に持っていけるような、そんな酒を造りたいと努力しています。
 
 酒造業も基本的には農業者であるという考えに立ち、米も極力農薬をつかわず育てた自家栽培のものと地元の米を使い、仕込水も自社の山から湧き出る清水を使用しています。水を守るため、木を切らず、植林をせず、総天然林として水源の山を維持しています。酒を造る米、水を自前でまかなう蔵でありたいし、あるべきですね。

 昔なら当たり前のようなことでも今ではなかなかできなくなりましたが、自分の納得のゆく酒造りのためにできることはやっていこうと考えています。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。