スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留め

23BY一本目の留め。今朝留めまして、今はこんな状態。
201110261.jpg
マグマ噴火状態w よい香りがしています。
少し寄るとこんなん。
201110262.jpg
あんましよくわかんないですね (^_^ゞ
でもOさんやTさんやHくんならこれをつまみにお酒が呑めます。
スポンサーサイト

進行中

23BY仕込み作業粛々と進行中。
23001.jpg
今朝の室(ムロ)
23002.jpg
酒母②
23003.jpg
酒母③
23004.jpg
酒母④

今朝は暖かくて米は冷蔵庫で冷やしました。雨が降ると気温が上がるのでかなわんです。。

腰痛の方に朗報

ということで、昨日台湾から戻って正業に励んでおります。が、なぜさわやかに励めるかというとですね、
名医を尋ねてきたのです。
台北のお隣の三重市(今は新北市)のわかりにくい路地に名医がいました。もちろん自分ではわかんないので
お友達の周さんの紹介です。
P1030476-1.jpg
周さんもお友達の紹介なんで、二人で探すことしばし。ここを曲がるらしい。
P1030475-1.jpg
番地を確認しながら行くと、ん?ココデスカ??とクエスチョンがたくさん。看板も何もない・・・。
P1030469-1.jpg
でもここなんです。こんなことや
P1030466-1.jpg
こんなことをされながら約一時間。絶叫マシンより叫びますが、
P1030474-1.jpg
あら不思議。日本でなかなか治らなかった腰痛やいろいろがスッキリ。オドロキです。すっげー痛かったけど、ほんとに不思議。
P1030482-1.jpg
台湾まで出かける奇特な方はおらんかとは思いますが、もし行きたい方がいらっしゃれば教えます。「神奇」です。
病状が重い人ほど痛いです。また個人の感想でありますから、好転を保証するものではありません。私には不思議なほど
効果がありました。感謝師兄!です。

回転寿司

P1030452-1.jpg
というわけで、回るお寿司。
P1030454-1.jpg
台湾でございますが。。
P1030456-1.jpg
このお店ではしょうがも回るのですね~。
P1030457-1.jpg
このお寿司チェーンのキャラ。エビオンナ?ちょっと海老の色が悪い・・・。

始発電車


すいてますなぁ(・◇・)

本日は


多治見のやぶれ傘さんにて三千櫻の会です~。

23BY始まり

23mushi.jpg
さて、23BY、いよいよ始まりです。最初の蒸し。

23harae.jpg
先日行われた祓の儀式。神頼み神頼み。

23kome.jpg
米です。中津川産五百万石。

23taka.jpg
杜氏志望の高坂青年。佐藤君が楽になるようがんばってください。よろしく。

本日は


こちら。詳細は後日w

地酒屋こだまのたけちゃんは熱い

遅くなりましたが、先週茗荷谷たかの家さんでたけちゃん主宰の三千櫻の会。遅いなぁw たけちゃんは熱いですよ。暑苦しいではなく、熱いです。
kodama02.jpg
これっきりのお酒も登場。そりゃあたけちゃんの会ですから。
kodama01.jpg
イツモアリガトウゴザイマス。感謝感謝です。
kodama03.jpg
じろにゃんさんと酒好猫さんにも感謝!猫さん、吊りですよ。お待ちしております。
ということで、たいへん楽しい会でした。ありがたいなぁ。この日に出した渡船袋吊22BYは地酒屋こだまのたけちゃんが
抱えております。うちにももうないので大塚へGo~!


みんな悩んで大きくなった

というCMソングかなんかあったような?
ということで、昨日は京都伊勢丹でこういうイベントのお当番。
SN3O0072.jpg
三時ごろまでお客さんが少なくてどうなることかと思いましたが、なんとか終了。
SN3O0073-1.jpg
所持金2Kの大学四回生Y君、すご~~~~~く悩んだ末に愛山お買い上げ。後ろに写っているUさんが大学の先輩にあたるそうで(偶然ですw)強硬に後押しw Uさんありがとう。Y君、就職決まるとよいね。Uさん、また呑みませう!

本日は


こちら。詳細はまた。

本日は


こちら。小川町の飛騨居酒屋蔵助さんでつ。
プロフィール

Michizakura

Author:Michizakura
蔵の紹介
三千櫻は、岐阜県中津川市(旧福岡町)にあります。町のほぼ中央を流れる付知川は、上流には付知峡という渓谷がある美しい川です。

 地元の米と山の水、そしてこの地の風土に合い、地元の人が誇りを持って土産に持っていけるような、そんな酒を造りたいと努力しています。
 
 酒造業も基本的には農業者であるという考えに立ち、米も極力農薬をつかわず育てた自家栽培のものと地元の米を使い、仕込水も自社の山から湧き出る清水を使用しています。水を守るため、木を切らず、植林をせず、総天然林として水源の山を維持しています。酒を造る米、水を自前でまかなう蔵でありたいし、あるべきですね。

 昔なら当たり前のようなことでも今ではなかなかできなくなりましたが、自分の納得のゆく酒造りのためにできることはやっていこうと考えています。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。